うつ病を理解していこう|正しく抗うつ薬を服用する

食事も意識していこう

ドクター

うつ病の患者数が年々増加しており、うつ病に対しての関心が高まってきました。また、以前だと働き盛りの30代~50代がうつ病を発症してしまうことが多かったですが、最近では10代~20代、小さな子供でもうつ病は発症してしまうのです。また、うつ病の治療と聞くと抗うつ薬を用いる投薬治療やカウンセリングが主流でしたが、実は食事に気を遣うことでも治すことが出来るのです。最近では、うつ病の約95%は食事と関係があると言われています。ですが、うつ病が発症してしまうのは、ストレスや性格、環境など色々な原因があるので、摂取する食事の内容によって発症の有無があるとは言い切れないです。しかしながら、うつに悩んでいる人の約95%は食事に問題があることが分かっています。その食事内容を解消していくと、環境や本人の性格は変わらなくても、うつ症状が消えていきます。基本的に甘いものや過度なダイエット、タンパク質が不足している、野菜不足が影響で脳に栄養がいかなくなり、うつ病になってしまう可能性が非常に高いです。

うつ病が発症してしまう原因の1つに、脳内にある「セロトニン」と呼ばれる神経伝達物質が足りてないことが挙げられます。うつ病の投薬治療においても、このセロトニンの神経伝達を促進するということが主流となっていますよ。うつ病における食事療法は、セロトニンの材料となる栄養素やたんぱく質、亜鉛、鉄、ビタミンなどを効率良く摂取することで、セロトニンを体内で増やしていく方法になります。セロトニンを増やすためにも、基本的に炭水化物や清涼飲料水、甘い物などの糖質を控えることが重要になります。また、肉などのタンパク質も積極的に摂取した方が良いですよ。あとは野菜をなるべく食べることも重要です。あわせて、規則正しく3食を食べるようにしましょう。このように食事にも気を遣うことによって、うつ病は良くなっていくことが見込めます。抗うつ薬もしっかりと服用して、食事も意識していきましょう。

Back to Top