うつ病を理解していこう|正しく抗うつ薬を服用する

発症してしまう原因とは

錠剤

うつ病に関して、よく「誰もがかかる恐れのある病気」と言われていますが、なぜうつ病は発症してしまうのか見てみましょう。うつ病になってしまう原因として、一般的に知られているのがストレスだと思います。このストレスには様々な要因を持っており、それぞれストレスに違いがあります。ストレスの種類をチェックしてみて、該当するものがないかを確認してみると良いですよ。ストレスの1つに社会的ストレスがあります。これは、会社や学校などで発生してしまうストレスになります。対人関係が原因で社会的ストレスを感じてしまうでしょう。次に心理的ストレスがあります。これは結婚や出産、引っ越し、転校など自分の身の周りで発生した環境が原因で発生します。今まで変わらない生活が急に変化してしまうと、人は知らず知らずのうちにストレスを感じてしまうのです。そして、身体的ストレスというものもあります。他のストレスと異なって、脳卒中やがん、心筋梗塞などの病気を患っている方が感じやすいストレスになります。病気を抱えていること自体がストレスの元となって、治療薬が脳に影響を及ぼしてしまいます。このようにストレスには色々な種類があり、どれも感じ方が違います。これらにストレスを溜めすぎると、心身に不調をきたして最終的にはうつ病を発症してしまうのです。

また、うつ病を発症してしまう原因はストレスだけではありません。「モノアミン」と呼ばれる神経伝達物質もうつ病に関係していると言われています。モノアミンに関する諸説は色々ありますが、これも原因の1つであろうとされています。うつ病は様々な要因が複雑に絡み合って発症してしまいます。ストレスが一番有力ですが、うつ病に関して未だ判明していないことが多いのが現状となっています。なお、うつ病についてよく分かっていない面もありますが、治療をして完治していくことは出来ます。うつ病の治療として投薬治療がありますが、抗うつ薬を正しく服用していくことで抗うつ薬に含まれている作用で徐々に回復に向かっていきますよ。謎が多いうつ病ですが、現在も研究が進められています。今後は研究が進んで、新たな発見も見つかるでしょう。

Back to Top