うつ病を理解していこう|正しく抗うつ薬を服用する

理解していくことが大事

服用

誰もがかかる恐れのある病気として、うつ病が知られていますが、現在のうつ病患者数はご存知でしょうか。その数字も調べてみて、うつ病がいかに身近な病気であることかを実感しましょう。とある機関が行なった調査では、うつ病の有病率は約7%もあり、15人に1人の割合でうつ病にかかる恐れがあると言われています。また、うつ病の患者数は年々増加している傾向があり、最近では100万人以上もの患者がいると報告されています。また、これは調査に報告されている数字で、実際は300万人以上もいるのではないかと推測されています。うつ病は自分で気づくことが難しい病気となっているので、まだ医療機関に行っていない人も多くいるでしょう。なお、最近ではインターネットが広まったことにより、インターネットを通じてうつ病のセルフチェックを行なうことが出来ました。スマホやパソコンなどを用いて簡易的なチェックを手軽に行なうことが出来るのです。このセルフチェックを受けてみて、気になる点やうつ病と疑うことがあれば、病院に行く人が増えているのも現状です。うつ病を自覚するために、このようなセルフチェックも積極的に利用していくと良いでしょう。

もし、うつ病になってしまってもすべてにおいて絶望する必要はありません。うつ病は治すことが難しいですが、しっかりと治療をして正しく薬を飲むことで完治することが出来ますよ。医師の言うことをきちんと守って、抗うつ薬を安全に服用していけば、必ず完治の道が見えます。うつ病になってしまったら、暗い気持ちになりますがちゃんと治療を行なっていきましょう。その際に、家族や周りのサポートも重要になります。患者を支えるという気持ちをしっかりと持つことですよ。また、うつ病を発症していない人でもこの病気について正しく理解していくことも大切になります。自分も発症してしまうリスクを考えていく必要がありますよ。うつ病について、色々と学んでいきましょう。

発症してしまう原因とは

錠剤

うつ病を発症してしまう原因を確認していきましょう。ストレスが大きな原因とされていますが、発症する原因は未だ謎に包まれています。なお、治療法は確立しているので、ちゃんと投薬治療などを行なっていくと良いですよ。

Read More

うつ病の診断基準を見る

葉っぱ

うつ病と自覚するのは難しいですが、心身に異変を感じたらすぐに病院に行くことが大事ですよ。そこで、医師が診断と検査をしてうつ病かどうかを判断します。もしうつ病と言われてしまったら投薬治療などで治療していきましょう。

Read More

食事も意識していこう

ドクター

うつ病の治療法として投薬治療とカウンセリングが主流ですが、最近では食事療法も注目されています。糖質を控えたり野菜不足を解消したりすることで、うつ病の改善に繋がっていくでしょう。

Read More

再発の危険性を知る

服用

うつ病は再発率が高い病気となっていることもちゃんと理解していきましょう。再発や症状を悪化させないためにも、投薬などの治療や通院を自己判断で決めないことです。必ず医師の指示に従うことが大事になりますよ。

Read More

うつ病患者と向き合う

薬

家族や親しい人物がうつ病になってしまうこともあります。そのような場合は、しっかりとサポートして理解することが重要になります。薬の服用状況もチェックして、接していきましょう。

Read More

Back to Top